このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

笹生特派員

更新日:2018年10月5日

隠れた名所(10月5日投稿)

金剛地にある熊野神社は、以前から写真好きには彼岸花の隠れた名所として知られている場所である。

雑誌で紹介されたためか、最盛期の休日などは、朝早くから写真を撮りに多くの人が訪れる。

また境内のわきには、市原市の指定天然記念物の大銀杏もある。

行かれる際は、道が狭くわかりにくいことと、きちんとした駐車場がないため注意が必要です。

緑の養老渓谷(遊歩道と粟又の滝)(9月10日投稿)

養老渓谷は、大多喜町から市原市を流れる養老川によって形成された渓谷で、紅葉の季節になると、その美しさから県内外からの観光客でにぎわうことで有名だ。

例年、夏から初秋にかけては川の水量が少なく、その美しさも今一つなのだが、今年は台風が多いせいか水量が豊富で、緑の渓谷美を楽しめる。

マイナスイオンもたっぷりなので、初秋にかけてぜひ訪れてみてはいかがだろうか。

紫陽花(アジサイ)(6月4日投稿)

今年は、桜の開花が全国的に例年より早く、市原市もずいぶんと前倒しの傾向にあった。

例年だと、6月の初旬に花が咲く我が家の紫陽花が、最近、一気に花をつけているのを見て、市内の公園などを歩いてみた。

多くの紫陽花が、きれいな花をつけている。

今年は、市原市でも梅雨入りが早そうだ。

※紫陽花は、土のpH(酸性度)によって花の色が変わり、一般的に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」になると言われています。

森ラジオを食べる(5月1日投稿)

5月5日(祝日)、6日(日曜日)に、森ラジオステーションで「木村崇人と森ラジオを食べる」というワークショップが行われます。

森ラジオステーションは、アートxミックス2014の作品で、小湊鉄道の保線員詰所だった小屋を改造して作られました。(小湊鉄道月崎駅すぐ)

今回は、周辺にある自然の野草などを調理し、みんなで食べようという企画です。

森ラジオステーションを管理する森遊会による解説などもあり、都会では経験できない楽しいワークショップです。

ぜひご家族で参加されてみてはいかがでしょうか。

日時:5月5日(祝日)、6日(日曜日)13:30~15:30

費用:1,000円(中学生以下500円)

定員:各日15人

新規ウインドウで開きます。ワークショップの予約(外部リンク)

お問い合わせ先

企画部 シティプロモーション推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9821 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る