このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

中村特派員

更新日:2019年4月9日

いつまでも子どもを見守り続ける校長先生

飯香岡八幡宮の境内にひっそりと佇む銅像。元菊間小学校校長の大岩幸男先生です。昭和51年、潮干狩り遠足の引率中に、深みにはまった児童を助けご自分が返らぬ人になってしまったのでした。

小学校を卒業して間もなく訃報を聞いた私は、いつも私たち目線でやさしく親しみをもってご指導くださった先生が突然にいなくなってしまったことに、子供ながらショックを受けたことをよく覚えています。その後ずいぶん経ってから、先生の胸像が神社の境内に祀られていることを聞きました。今でも時々先生のことを思い出し忍んでいます。

スポーツで健康づくり(3月7日投稿)

冬のスポーツと言えば…。私はスキーです。

市原市体育協会では、毎年「市民スキー教室」を開催しており、今シーズンも、1月に上越国際スキー場で開催されました。

例年、小学生から第2の人生を歩まれている方まで、幅広い年代の方々が参加され、今回は、キャンセル待ちが出たほど。

この教室の人気の理由は、年代を問わず、1人でも、家族・お友達同士でも参加できること(小中学生は保護者同伴)。往復とも貸切バスでゆったり。同行の全日本スキー連盟(SAJ)公認のインストラクターによるレッスンを受けられます。

また、懇親会では、日中に撮影したビデオを見ながらのスキー談義など、講師や同じグループの人たちと、アットホームな雰囲気の中、楽しく過ごすことができます。

スキーに興味のある方は、ぜひ来年は参加してみて下さい。

市原市体育協会では、スキー以外にもさまざまなスポーツ教室を開催しています。現在、4月からの市民スポーツ教室の参加者を募集しており、締切間近です!

新規ウインドウで開きます。公益財団法人 市原市体育協会(外部リンク)

華麗にターン!市民体育大会スキー競技会(1月30日投稿)

新潟県の石打花岡スキー場で行われた、市民体育大会スキー競技会に参加しました。

例年、八千代市と合同で行われています。50回目の今年は男性77名、女性2名で、大回転競技が行われました。

前日には練習会が行われます。

当日は、ヘルメットをかぶった選手たちが朝から準備に余念がありません。

選手といっても、そのレベルはさまざまで、板をそろえて風のように疾走する人もいれば、ポールのはるか外側を板をハの字にしてゆっくり滑る人も。

シニアの参加者が多数を占めますが、20代の若者も参加し、和気あいあいと大会が行われ、閉会式では、3月に行われる千葉県民大会への派遣選手が発表されました。

いつまでも健康で、安全にスキーを続けたいです。

また、女性の参加者が少ないので、来年は多くの女性に参加してほしいです!

神楽(かぐら)って観たことありますか(12月20日投稿)

アートいちはら2018秋の連携イベントとして、12月2日に鶴峯八幡宮で神楽が見られると知り出かけてみました。
私も神楽の名前は知っていたものの、実際に見たことはありませんでした。

ここの神楽は、鎌倉鶴岡八幡宮より伝えられ、「鶴峯八幡の神楽」として千葉県指定無形民俗文化財(昭和39年)にも指定されています。

もともとは、例年2回の例大祭で春に神楽を奉納、秋に流鏑馬と神輿・山車を出していましたが、後継などの事情から、現在は鶴峯八幡宮十二座神楽保存会が中心となり、毎年10月の第3日曜日に十二座神楽を奉納しています。

全体だと5時間はかかるということですが、今回は、巫女さんが鈴をもって清楚に踊る「月日の巫女の舞」と、仮面をつけた山の神が踊りながら餅をまくという「山の神の舞」を披露していただきました。

あっという間の1時間でした。来年の10月、ぜひほかの神楽も観たいと思います。

無形民俗文化財映像記録制作事業

いちはらいーでんいーでん収穫まつり(10月30日投稿)

10月20日に市原市農業センターで開催された「いちはらいーでんいーでん収穫まつり」を取材しました。

農業センターに行くのも初めて、このようなイベントがあることも初めて知りましたが、周りの人に聞くとリピーターが多く、これまで知らずに損をした気分になるほどの盛況ぶり。

以前取材させていただいた「いちはら花クラブ」も出店し、寄せ植えや種団子作りを子どもたちが行っていました。土に触れることは、すばらしい経験になりますね!

そのほか、バター作りやもちつき、和太鼓の演奏などに子どもたちが真剣な表情でチャレンジ。

栗おこわ、いちはらジェラート、本格カレー、新鮮な野菜や果物の販売もあり、あっという間の一日でした。

リピーターさんから、例年4月に園芸祭りが開催されているという情報もゲット、農業センターのイベントから目が離せません!

イベント情報

市原市役所でパスポート申請(9月6日投稿)

4月から市役所で、パスポートの申請等と受け取りができると聞き、市原市役所第1庁舎にある市民課に行ってきました。

まず、受付番号札をもらい、番号が呼ばれるのを待ちます。

申請書も、あらかじめ市役所でもらって記入済だったため、番号が呼ばれ、カウンターに提出すると、ほどなく引換書を受け取ることができました。
日によると思いますが、合計の待ち時間も30分ほどでした。

後日、早速受け取りに行きました。
今度は受付番号を取らずに、販売機で印紙・証紙を購入し、直接カウンターへ。
幸い待ち時間もなく、新しいパスポートをすぐに手にすることができました。

これまで、千葉駅近くの中央旅券事務所に行っていましたが、市役所で手続きできるのは、とても助かりました。

市原市役所でのパスポート申請等手続きは、平日午前9時から午後4時30分までと、窓口開設時間が限られています。受け取りは、第1、第3日曜日にも行っています。(開設時間は同じ)
また、市役所では申請ができないケースや、混雑が想定される日もありますので、市ウェブサイトでご確認ください。

パスポート(旅券)の窓口のご案内

bayfmサマーキャンペーン2018 ♪(8月15日投稿)

8月15日、上総更級公園でbayfmサマーキャンペーン2018が行われていました。

公園センターの入り口で、抽選会が行われ、保冷バッグやタオル、うちわなどのプレゼントがありました。

この様子は、bayfm の番組「miracle!! 」内のプレシャスレポートのコーナーで 生レポートされ、イベントを聞きつけて集まった人や、bayfmデザインの車(フォルクスワーゲン社ビートル)を見つけて集まった人でにぎわっていました。

市原市のブースも併設され、市のSNSへの登録で、オッサくんオリジナル手ぬぐいがプレゼントされるキャンペーンも行われました。

いちはらオープンガーデン2018(6月11日投稿)

今年で9回目になる「いちはらオープンガーデン」に行ってきました。

いちはら花クラブの会員でもある伊藤庭(能満)は、一人で手入れしているとは思えないような色とりどりの花が咲き乱れています。

甘い香りに誘われたミツバチや蝶々が飛びかい、通りからは想像のつかない花園が広がっていました。

バラのアーチや、パラソルも配置されていましたが、それらは、ビニールハウスの廃材など、いらなくなった物を再利用しているとのこと。

戦前生まれの伊藤さんは、「花を育てるということは戦後の物のない頃には考えられない。人々の心が豊かで平和な証拠。いつまでもこの平和が続いて欲しい」と話しました。

今年のオープンガーデンは終了しましたが、通年で開放している庭もあります。

高滝神社の魅力(5月14日投稿)

アートいちはら2018春の「高滝神社 宮司と宮大工による神社ツアー」に参加しました。

高滝神社は、京都の賀茂社の流れを汲む神社で、古くから、安産子育ての神として信仰されています。

境内に納められている底なし袋は、妊婦さんが、そのうちの一つをお借りし、安産守りと一緒に出産までお腹に巻くためのものです。

そして、出産後、新しく作った袋とお借りした袋を納める習わしです。

お宮参りの方にお会いし、地元の信仰が厚いことを実感しました。

神社ツアーでは、宮司さんと宮大工さんに案内してもらい、拝殿内の大きな絵馬や、養老川から江戸の深川へ物資を運んだ船の模型、神輿などを見学しました。

壁には架空の麒麟(きりん)の絵が描かれ、天井には色鮮やかな天井画も。

高滝神社の魅力と伝統を感じたひとときでした。

お問い合わせ先

企画部 シティプロモーション推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9821 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る