このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

更級日記千年紀

更新日:2020年10月29日

衣装着装体験に牛車お披露目、平安絵巻風装飾展示

牛車と体験した親子

『更級日記』冒頭に記された門出の場面、作者である菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)が上総国司である父の任期が終わり、上総国府があった市原市から平安京へ旅立ったとされる1020年から今年でちょうど千年の節目にあたります。
これを記念し10月上旬、市原市観光協会主催により、更級日記千年紀衣装着装体験や牛車のお披露目が行われ、平安絵巻風の装飾が展示されました。

中でも牛車(ぎっしゃ)は、平安時代の貴族が使用したであろう形で復元されています。父の階級からすると、あまり豪華な装飾はしていなかっただろうとのこと。次の時代に大事に継承していく宝物として、新たに歴史を刻んだことに感動しました。当時の牛車の行列を想像すると、とてもロマンを感じます。壁には、紅花染めの生地を畳縁(たたみべり)で縫い付けた豪華な屏風のような背景が飾られ、会場は更に温かくて幸せな雰囲気に包まれていました。

菅原孝標の衣装を着たお子様と、菅原孝標女の衣装を身にまとったお母さんに写真をお願いすると「いちはらが大好きです」と言ってくださいました。かわいい子どもの仕草とお母さんの笑顔が眩しく、おばあちゃん、おじいちゃんも優しい笑顔で幸せな時間を過ごしていました。

今年は、上総いちはら国府祭りも新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催中止することになり寂しいなか、気持ちが晴れやかになり輝きのまち!歴史のまち!幸福の街いちはらとして、もっと誇りを持つようになりました。

市原市観光協会主催のイベント

平安時代風衣装着裝及び撮影モデル体験

日時

11月22日(日曜)午前10時~午後4時

場所

上総国分尼寺跡
要事前予約

新規ウインドウで開きます。平安時代風衣装着裝及び撮影モデル体験(外部リンク)

市原秋のカメラ講座~史跡と公園で撮影会~

日時

11月22日(日曜)午前10時~

場所

上総国分尼寺跡
要事前予約

新規ウインドウで開きます。市原秋のカメラ講座~史跡と公園で撮影会~(外部リンク)

いちはら市民特派員の記事はFacebookでチェック!

お問い合わせ先

企画部 シティプロモーション推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9821 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

9.藤野特派員

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る