このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

平和の武道「合気道」

更新日:2019年6月13日

集合写真

「合気道って名称は知っているけど、実際はどんな武道なの?」

取材する私自身も当初はそんな思いでしたが、何かに打ち込める物があったら、健康のために何か、と先に習い始めた息子に続き、4年前に合気道に入門しました。

実際に体験してみると、技を覚えるだけの稽古だけでなく、無心に物事に取組める喜びであったり、お互いに触れ合うことで、薄れつつある人との繋がり、相手をいたわり思いやる心、自己を見つ直すこと、親子のコミュニケーションを体感しています。

心身共に健康が養える合気道の虜となった者として、この機会に合気道の素晴らしさをお伝えしたい!と取材をしました。

今回取材したのは袖ケ浦合気会市原支部。「生まれ育った市原市でも合気道の素晴らしさを一人でも多くの方に知っていただきたい!」という斎藤陽一副会長の情熱により平成23年に五井中学校柔道場での袖ケ浦合気会市原支部が開設されました。その2年後には自宅敷地内に市原支部齋藤道場として新道場を開設し、稽古が始まっています。

「合気道の稽古を通して、運動不足の解消はもとより、発育ざかりの子供たちの心身を鍛え育んでいます。また、自然と身についた機敏性は、日常生活に生かされテキパキと行動するようになります。合気道を始めてから、身体が丈夫になった、意志が強くなり、勉強も一生懸命するようになったと、ご父兄の方から感謝されています。」と、稽古での鋭い眼差しとは異なり、優しい笑顔で語られたのが印象的で、合気道への愛情と熱意がひしひしと伝わってきました。

礼に始まり礼に終わる合気道、自然に礼儀も身につき、自己に勝つことを覚えればいじめに合うこともなく、弱い者をいじめることもない平和な心に育ちます。武道において、柔道・剣道・空手道などが競技スポーツ化の道を進んでゆく中で、武道でありながら合気道は勝敗を争わない武道です。人間味あふれる武道『合気道』を通して、市原市の皆さんはもちろん、多くの方に広まり、平和で健全な社会を育んでいけたらと願っています。

袖ヶ浦合気会について

合気道開祖「植芝盛平」翁の道統を受け継ぐ、公益財団法人合気会の組織下にあり、千葉県合気道連盟の加盟団体でもあります。平成16年より千葉県合気道連盟会長・清野祐三師範のご支援により、島田信介会長、進藤武副会長、齋藤陽一副会長の三本柱で新袖ケ浦合気会が誕生し、袖ヶ浦市臨海スポーツセンターを拠点に稽古が始まりました。
袖ケ浦合気会合気道市原支部道場は(公財)合気会認定道場として登録されています。

いちはら市民特派員の記事はFacebookでチェック!

お問い合わせ先

企画部 シティプロモーション推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9821 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る