このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

新緑の養老渓谷を歩く【5月24日】

更新日:2019年5月24日

5月16日、自然が大好きな仲間10人で、新緑の養老渓谷を散策しました。当日はさわやかな五月晴れ。
養老渓谷駅に10時14分に着き、駅前からバスに乗り、終点の「ごりやくの湯」に10時45分に到着。そこから10分ほど歩くと「金神の滝」があります。ところが今は水不足で、水しぶきは見られませんでした。残念!
しかし、川沿いを少し下るとミズキにからまった満開のフジの花とすぐ近くから聞こえるウグイスの声に大満足。

そこから5kmほど下ると有名な「粟又の滝」。しかしここも水はチョロチョロ。気をとり直して川沿いの「滝めぐり遊歩道」をマルバウツギやハンショウヅル、フジ、ヤブデマリ、モリアオガエルの卵塊などを見ながら2kmほど歩きました。途中の小さな滝には水が流れており、川からはカジカガエルの小鳥のような美しい鳴き声が聞こえてきました。

いったん車通に出て、不思議な「二階建てトンネル」をくぐり「中瀬遊歩道」を川沿いに歩くと「弘文洞跡」が見られます。キャンプ場の近くを抜けると、4月にリニューアルされたばかりの真っ赤な観音橋が見えてきます。奧には出世観音があります。そこから白鳥橋を通り養老渓谷駅に16時30分に到着。 駅横の足湯に入り、疲れをとって帰路に着きました。

いちはら市民特派員の記事はFacebookでチェック!

お問い合わせ先

企画部 シティプロモーション推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9821 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る