このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

上総国分寺から神門五号墳へ

更新日:2020年5月21日

国分寺の西門跡から国分寺台中学校へ約150mほど歩くと、右手に柵に囲まれた小高い丘が見えてきます。これが神門五号墳です。
神門五号墳は、1989年に県指定史跡に指定。仁徳天皇陵の様な典型的な前方後円墳が登場する前の様相を示し、東日本で最も古い古墳と考えられています。前方後円墳の後円に相当する部分が、坂の上の市役所側にあります。かつては、三号墳、四号墳も付近にありましたが、現存するのは最も古い神門五号墳のみです。

印象的なのは、次の2点です。

  1. 五号墳がすべて同じ向き(縦中心線の主軸が、北から東回りに60度)
  2. しかもこの向きが、夏至の日の出の方向とほとんど一致している

三世紀中葉前後の当時は、狩猟生活から農作生活に移り、太陽の動きが生活に重要な情報でした。その時代に、このような高い知識を持った人々が、現在の市原市の住んでいたということは、大変にうれしいことです。

神門五号墳

Go straight to Ichihara Kokubunnjidai Junior High School along the road in front of Kazusa Kokubunnji Temple. Then you will find an ancient tomb, called “No.5 Godo Kofun” (“No.5”, hereafter) on your right soon. There used to be two more ancient tombs, called “No.3 Godo Kofun” and “No.4 Godo Kofun” nearby. We have only “No.5 ” (“No.5”, hereafter) now. “No.5 ” was designated as a “Chiba Pref. Historic Site” in 1989. Some useful information was found in 2015.
I am impressed by some following evidence.

  1. The principle axes of “No.5, 4 and 3 Godo Kofun”s have all the same direction.
  2. The sun rises from the direction shown above on the day of summer solstice. (It coincides with the present data.)

We are glad to know that people with high knowledge used to live in ICHIHARA in the first half of the third century.

いちはら市民特派員の記事はFacebookでチェック!

お問い合わせ先

企画部 シティプロモーション推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎4階
電話:0436-23-9821 ファクス:0436-23-7701

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る