このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

狭あい道路に存在する工作物について

更新日:2019年8月27日

要旨

安全安心で災害に強い街づくりに向け救援の車両等が進入できる規格の道路を推進するため、建築基準法により道路中心線から2m個人に自主後退させているのであれば、電柱等についても指導すべきではないか。

回答内容

敷地に接する道路は、建築基準法第42条第2項の道路に該当し、道路の中心から2m後退した線が、その道路の境界線とみなされるため、同法により「建築物」と定義されている建築物に付属する門、塀などの工作物は、後退部分に築造することはできません。
電柱等は、建築基準法上の建築物に該当しないため、建築制限の対象になっておりませんが、狭あいな道路に電柱を設置する場合は、事業者に対し、可能な限り民地への設置をお願いしております。

お問い合わせ
都市部建築指導課
電話番号:0436-23-9840

土木部土木管理課
電話番号:0436-23-9833

お問い合わせ先

企画部 広聴相談課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎1階
電話:0436-23-9706 ファクス:0436-23-9707

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る