このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市内の観光振興に寄与する交通政策について

更新日:2018年5月23日

要旨

(1)高速バスの鶴舞バスターミナルへの停車について
木更津金田バスターミナルへのバス運行事業について、このバスは、茂原方面を起点に長南から圏央道を通り、木更津金田と三井アウトレットまでの運行計画とのことですが、茂原市・長南町・木更津市での実証運行で、鶴舞バスターミナルには停車しないと聞きました。鶴舞バスターミナルはゴルフ場を利用する上での玄関口であったり、ぞうの国にも近いという利便性を持っています。鶴舞バスターミナルに停車させることで需要の拡大につながると考えますがいかがでしょうか?

(2)小湊鉄道サイクルトレインと「B.B.BASE」の連携について
小湊鉄道のサイクルトレインですが、JR東日本でB.B.BASEという専用の観光列車が今年から走っていても、五井駅は通過、木更津駅や君津駅でさえ通過となり、降りる駅は限られ、現在の運行形態では南房総地域にターゲットを絞った形になっています。
小湊鉄道サイクルトレインとB.B.BASEの連携は図られないのでしょうか?

回答内容

(1)について
御意見にあるとおり、今回の高速バス実証運行では停車いたしませんが、市原鶴舞バスターミナルへの高速バスの停車については、日常生活圏が広域化する市民の移動手段として利便性が向上するとともに、観光面においても交流人口の増加につながることが期待できますことから、今後は、近隣自治体との情報共有を図るとともに、一層の連携強化を図ってまいります。

(2)について
JR東日本は、平成30年1月から6月までの土曜日と日曜日、サイクルトレイン専用列車「B.B.BASE」で房総をサイクリングする旅行商品を販売しており、このプランは、「内房コース」他3コースで構成され、1日1往復、サイクルトレイン専用列車が運行することとなっています。
また、小湊鉄道サイクルトレインは、土曜、日曜、祝祭日に1日1往復運行しています。ただし、紅葉シーズンにはお受けしていない期間があります。
この度御意見をいただきました、小湊鉄道サイクルトレインと「B.B.BASE」の連携は、本市の観光振興や地域の活性化、また、小湊鉄道の利用促進にもつながることが期待できますことから、今後の連携の可能性について、小湊鉄道及びJR東日本と協議してまいります。

お問い合わせ
都市部交通政策課
電話番号:0436-23-9762

お問い合わせ先

企画部 広聴相談課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎1階
電話:0436-23-9706 ファクス:0436-23-9707

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る