このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

いちはら未来ワークショップ

更新日:2016年9月7日

パンフレット

いちはら未来ワークショップリユニオン2016を開催しました。

平成28年8月28日(日曜日)に内田未来学校(市原市宿174‐8)で「流しそうめんの夏~いちはら未来ワークショップリユニオン2016」を開催しました。
当日は小出市長をはじめ200名が内田未来学校に集まり、竹を利用した食器を作り、その食器で流しそうめんを食しました。
また、地域の方々によるコンサートやペットボトルロケットなど楽しいレクリエーションもありました。


市長あいさつ


流しそうめん

流しそうめんの夏~いちはら未来ワークショップリユニオン2016~を開催します。

流しそうめんチラシ
流しそうめんの夏~いちはら未来ワークショップリユニオン2016~

 平成27年8月19日及び20日に千葉大学を中心とする研究グループとともに「いちはら未来ワークショップ」を開催しました。
 その最終日、参加した中高生から「里山保全のために切り出した竹を利用し、内田未来楽校において流しそうめんをすることで、地域資源の活用や地域のつながりの醸成に寄与する。」との具体的な提案があり、地元の方から是非実行したいとのコメントをいただきました。
 今夏、千葉大学研究グループや地域の方々の協力のもと、この提案が実現することとなりました。

開催概要

  1. 主催 いちはら未来ワークショップリユニオン2016実行委員会(共催:市原市、協力:千葉大学、特別協力:内田未来楽校)
  2. 日時 平成28年8月28日 午前11時から午後3時まで
  3. 場所  内田未来楽校(市原市宿174-8)
  4. 参加費 200円/1人
  5. 参加に関する申込 特に必要なし。直接会場にお越しください。

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは市役所企画調整課又はいちはら未来ワークショップリユニオン2016実行委員会までお願いいたします。
市原市企画部企画調整課
TEL:0436(23)9820
FAX:0436(23)9556
E-mail:kikaku@city.ichihara.chiba.jp
いちはら未来ワークショップリユニオン2016実行委員会
E-mail:ichiharamirai@gmail.com

「未来市長の提言」を「今の市長」へお届けしました。

平成27年8月19日、20日に行われた、いちはら未来ワークショップにおいて、中高生の皆さんからいただいた提言をRISTEXの研究者チームでまとめ、小出市長へ報告しました。


小出市長へ報告を行なう、千葉大学 倉阪教授

市長へ報告した際に用いた資料です。
中高生の提言をまとめています。

いちはら未来ワークショップを開催しました。

平成27年8月19日、20日に市内在住の中高生40名にお集まりいただき、2040年の「未来市長」に就任したとの想定で、「今の市長」に提言を行ないました。

いちはら未来ワークショップ 行程

8月19日(水)
9:00 サンプラザ市原 集合
9:30-11:00 ガイダンス
11:30 小湊鉄道で上総牛久駅へ
12:10-12:40 まち歩き@上総牛久駅周辺
13:00-13:50 内田未来学校見学、昼食
14:20-15:50 出光興産見学
16:10 振り返り、質問作成

8月20日(木)
9:00- ワークショップ
15:00- 小出市長へ提言


ガイダンスの後、小湊鉄道に乗って五井駅から上総牛久駅へ移動しました。


上総牛久駅周辺を、未来の姿と比較しながら歩きました。


内田未来学校では、地域で活動する方々から里の暮らしについて、お話を伺いました。


出光興産千葉工場では、市原市の主要産業である石油化学産業について、説明していただき、工場を見学しました。


2日目はグループに分かれて、2040年の課題を考え、今の市長へのプレゼン内容を検討しました。


グループでまとめた提言は、小出市長へプレゼンし、コメントをいただきました。

募集は終了いたしました。

いちはら未来ワークショップの参加者募集は終了いたしました。
参加者につきましては、選考の後、御本人宛に決定通知を発送いたします。

いちはら未来ワークショップについて

いちはら未来ワークショップとは

市原市と千葉大学(OPoSSuM研究グループ)が共同で開催するワークショップです。
参加される中高生の皆さんには、2日間にわたり未来の「いちはら」について考えていただきます。

ワークショップ日程

1日目
バスツアーで市原市を回り、新しい「いちはらの魅力」を見つけ出します。
2日目
市原市の現状と将来の姿を千葉大学研究グループからお話いただいた後、グループに分かれて現市長へのメッセージを作っていただきます。

開催概要

1 日時
  平成27年8月19日(水曜日)と20日(木曜日)の2日間
  平成27年8月19日(水曜日)午前9時30分から午後5時まで
  平成27年8月20日(木曜日)午前9時30分から午後5時まで

2 場所
  サンプラザ市原(市原市五井中央西1-1-25、五井駅直結徒歩1分)

3 対象
  市原市内在住の中学生、高校生で2日間とも参加できる方

参加申し込みについて

参加を希望される方は1、2のいずれかの方法で参加申し込みを行ってください。

1の書類に必要事項を記入し、市原市企画調整課(市原市国分寺台中央1-1-1)まで郵送またはFAXで送付。

2に必要事項を入力し、市原市企画調整課(kikaku@city.ichihara.chiba.jp)までメールで送付。
(注釈)記入したファイルを添付し忘れないようお気をつけください。

定員

40名
(注釈)ただし申し込み多数の場合には地域バランス等を考慮して参加者を決定いたしますので、予め御了承ください。

参加費用

無料
(注釈)ただし会場までの交通費は各自で御負担ください。

参加申し込み期限

1 郵送、FAXでお申し込みの場合
  平成27年7月15日(水曜日)必着
2 メールでお申し込みの場合
  平成27年7月15日(水曜日)午後5時受信分まで

当日の持ち物

  • 事前配布資料(御登録いただいた住所に送付します。)
  • 筆記用具
  • お弁当

参加いただいた方には

ワークショップに2日間とも御参加いただいた方には、図書券(1,000円分)と記念バッジを進呈いたします。

千葉大学「OPoSSuM研究グループ」について

新規ウインドウで開きます。千葉大学 OPoSSuM研究ホームページ(外部リンク)

千葉大学研究グループ、本研究の詳細につきましては、リンク先ホームページから御覧いただけます。
RISTEX「多世代参加型ストックマネジメント手法の普及を通じた地方自治体での持続可能性の確保」

その他

入手した個人情報は厳重に取り扱い、本ワークショップの目的以外では使用いたしません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

企画部 総合計画推進課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所5階
電話:0436-23-9820 ファクス:0436-21-1720

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る