このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

第1回市庁舎をみんなで考えよう!市民ワークショップを開催しました。(平成31年4月20日開催)

更新日:2019年6月18日

平成31年4月20日(土)に、市原市役所第1庁舎(防災庁舎)4階の会議室で、第1回市庁舎をみんなで考えよう!市民ワークショップを開催し、20名のメンバーの方にご参加いただきました。

任命書授与・市長あいさつ

第1回会議では、メンバーの皆さま一人ひとりに、小出市長から任命書を授与しました。

市長あいさつ概要

・「市庁舎をみんなで考えよう!市民ワークショップ」への積極的なご参加を賜り、誠にありがとうございます。本市の未来に熱い想いをお持ちの、多くの皆様にお集まりいただきましたことを、非常に嬉しく感じております。
・この市民ワークショップでは、先日新聞発表させていただいたばかりの「国立大学法人千葉大学との包括的な連携協定」に基づく事業の一つとして、千葉大学の柳澤教授と学生の皆様に運営協力をいただいております。
・本市が抱える課題を克服し、新たな未来を創造していくためには、多くの市民の皆様との対話を重ねていくことが何より重要であると考えております。市庁舎の未来について皆様と「対話」し、対話から得られる「気づき」を大切にすることにより、より良い将来的な整備の方向性を導くことが出来るものと確信しております。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

庁舎整備に係る経緯と課題の説明

市原市役所の庁舎整備に係る経緯と課題について、事務局(市原市役所総務課)より説明を行いました。

グループワーク

千葉大学の柳澤教授と学生からグループワークの概要と進め方の説明を行いました。

4つのグループに分かれ、利用者として普段から思っていることや庁舎見学して気づいたこと・感じた事等から、現庁舎の良いところ・悪いところ、庁舎に望むことについて話し合いました。

発表

最後に各グループの代表者により、ワークショップの中で、グループ毎に出てきた意見の発表を行い、参加者全員で共有しました。

【概要】Aグループ
・庁舎自体はもう少しコンパクトにして、たくさんの機能を付けるのではなく、支所を活用していった方がいいのではないか。
・車いす利用者が食堂等に段差があっていけないので、バリアフリーについてもう少し考える必要がある。
・障がい者用も含め駐車場が不足しているのではないか。また、自分はどこに停めればいいのかわかりにくい。
・第2庁舎の1階と2階、地下で温度差がかなりあったり、全体的に暗い。しっかり建替えてコンパクトにするのがいいのではないか。
・市庁舎以外でも街としてイベントであったり、広報・告知をしっかりできるようなシステムをここを拠点にして作ってもいいのではないか。

【概要】Bグループ
・情報の発信が少し弱いのではないか。全体的に宣伝の仕方としては目立つように、わかりやすくする。
・アクセスの悪さがあるが、高速バスは良い。市民が便利だと思う機能を充実させてほしい。
・食堂で特産品を売るとか、カフェなど民間との連携をして、手続き以外の目的でも来やすくする。一方で、役所なので機能はシンプルにする。機能を精査する必要があるという意見もある。
・第2庁舎の吹抜けに関しては、温度差を生むが、開放感で印象が変わるので、天井の高さ等をしっかり考えた開放感のあるわかりやすい空間がよい。
・雨の日でも庁舎間の移動で濡れないような配慮や子どもが遊べるスペース、図書スペースなど子連れの方への配慮が必要。
・通路が迷路みたいに複雑であったり、段差があったりするので防災とバリアフリーを踏まえた障がい者や高齢者に配慮した建物がいい。
・市役所を利用者は無料、他の目的の場合は有料など駐車場の利用方法を考えるとよい。

【概要】Cグループ
・第2庁舎のオープンスペースがうまく活用されてなく、棚などがぐちゃぐちゃとなっている印象。
・議場に段差があり、車イスで(傍聴席に)入れずうまく機能していない。
・技術が発展しているので、傍聴する人はバリアフリー化された別室で、遠隔対応できるのではないか。
・自然エネルギーとか新しい技術をうまく活用すれば、将来的なことを考えた新しい解決策があるのではないか。
・市役所の市民利用として、たくさん人が集まれる場所が欲しいという意見とコンパクト化すればいいという意見があった。
・市役所自体は機能はしている。そういう点は維持するべき。
・直すべきところ、直さないといけないところとこれから先こうであったらいいという2段の意見が出た。

【概要】Dグループ
・身近な市庁舎へ向けて、妊婦の方や車イスの方がいる中でバリアフリーが足りない。駐車場のサインがわからない。
・アクセス手段として、コミュニティバスを導入してはどうか。
・敷地が広く、第1庁舎は道幅が広く、車いすの方も通りやすい印象。
・第2庁舎は、吹抜けにより開放感があっていいが、迷路の様で災害時の避難が困難になるのではないか。また、全体的に暗い印象を受け、床なども傷んでいて仕事がしづらいのではないか。
・公園の様な広場、ハイハイできる場所など小さい子供が遊ぶ場所があるといい。
・コンビニやコーヒーショップなど手続き以外の目的でくることがもう少しできるようになるといい。
・フリースペースを開放してフリーマーケットなど、空いているスペースを活用して豊かな空間をつくるといいのではないか。
・用がない人が来るような空間をつくるとか、交通の便をよくするとか、バリアフリー化を進めることにより、どの年代の方も来やすい市庁舎にして、多世代の交流の場所になったらいいのではないか。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

総務部 総務課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9822 ファクス:0436-21-1720

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る