このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市原市バリアフリー基本構想

更新日:2018年6月12日

「誰もが暮らしやすく 共につながり支え合う バリアのないまち いちはら」

市では、高齢者、障がい者や妊産婦、けが人を含めたすべての人が安心・安全に社会生活を送ることができるよう、「市原市バリアフリー基本構想」を策定しました。

市原市バリアフリー基本構想とは

本市では、バリアフリー化を推進するため、多くの市民参画の下で、2005年9月に「市原市交通バリアフリー基本構想(以下「旧基本構想」)」を策定し、その後、国が制定したバリアフリー法の趣旨を組み入れつつ、2011年3月に「市原市バリアフリー基本構想」(以下「前基本構想」)を策定し、重点的かつ一体的なバリアフリー化を推進してきました。
前基本構想が2015年度に目標年次を迎えたことを受け、市民や学生等の協力のもと「まち歩き点検」を実施し、各特定事業の進捗状況を検証した結果、引き続きバリアフリー化を推進する必要があることを確認しました。
こうして、2018年3月、前基本構想の考えを引き継ぐとともに、ハード面やソフト面の整備における新たな視点を加え、「市原市バリアフリー基本構想」を策定しました。
今後は、この構想に基づき、各交通事業者や施設管理者と連携しながら、一体的なバリアフリー化を図ります。
バリアフリーは事業者や施設管理者だけの問題ではありません。ちょっとした心づかいで達成できるバリアフリーはたくさんあります。本市では、こうした「心のバリアフリー」の意識を醸成させることにも、市民と協働で取り組んでまいります。

基本構想の内容

市原市バリアフリー基本構想の内容は下記のPDFファイルをダウンロードすることでご覧になれます。

市原市バリアフリー基本構想

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

都市部 交通政策課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎10階
電話:0436-23-9762 ファクス:0436-24-8528

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る