このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

【全日程終了しました】都市計画マスタープラン・立地適正化計画の説明会

更新日:2017年12月11日

~いつまでも暮らしやすいまちを目指して~都市計画マスタープラン・立地適正化計画 説明会

市では、人口減少・超高齢化を迎えるこれからのまちづくりの方向性を示す「都市計画マスタープラン」と「立地適正化計画」を作成しています。
これからのまちづくりの基本的な考え方について説明し、ご理解をいただくとともに、皆様のご意見を直接伺うため、次の日程で説明会を開催しました。

説明会資料

日程及び会場

説明会日程
開催日 開催時間 会場 議事録
11月2日(木) 午後7時 南総公民館

会議室

南総公民館議事録(PDF:243KB)
11月5日(日) 午前10時 五井公民館 会議室 五井公民館議事録(PDF:259KB)
午後2時 姉崎公民館 会議室・研修室 姉崎公民館議事録(PDF:260KB)
11月7日(火) 午後7時 辰巳公民館 会議室・研修室 辰巳公民館議事録(PDF:320KB)
11月9日(木) 午後7時 三和コミュニティセンター 会議室 三和コミュニティセンター議事録(PDF:333KB)
11月11日(土) 午前10時 ちはら台支所 会議室 ちはら台支所議事録(PDF:298KB)
午後2時 市原青少年会館 集会室 市原青少年会館議事録(PDF:246KB)

コンパクトなまちづくりへの疑問

コンパクトなまちづくりへの疑問
なぜコンパクトなまちを目指しているの?広い市原市には合わないのでは?
公共施設や商業施設など色々な施設が近くにあれば、買い物のついでに図書館で本を借りたり病院で受診したりもできて、バラバラに立地しているよりも便利になります。市街地の拡大を抑えることで、農地や自然を守ったり、道路・下水道などの維持管理や、ごみ収集などにかかるコストを抑えたりもできます。歩いて暮らせるまちは、「いつの間にか健康になれるまち」でもあります。このように市街地をコンパクトにするメリットは多く、広い市原市だからこそ必要な取組です。
公共施設もお店も病院も住民も一か所に集めるの?
一か所だけに集めるわけではありません。鉄道駅などの拠点となるところに、それぞれ必要な施設等を誘導し、それらを公共交通によるネットワークで連携させる「コンパクト+ネットワーク」を目標にしています。
「立地適正化計画」では、お店や病院があってほしい場所(都市機能誘導区域)と、住民を誘導する場所(居住誘導区域)を決めるらしいけど、その場所が決まったら、その外側に住んではいけなくて、そこに引っ越さなくてはいけないの?
コンパクトシティの狙いは、あくまでも市街地の拡大を抑え、お店や医療・福祉、公共交通を維持するために必要な市街地の人口密度を維持することです。全ての人が区域内に集まる必要はありません。例えば農業を営む方は農村部に住むことや、田舎暮らしのニーズを否定するものではありません。区域外の方を強制的に移転させるようなことは考えておらず、時間をかけながら、拠点周辺に誘導していくのが基本的な考え方です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

都市部 都市計画課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎3階
電話:0436-23-9838 ファクス:0436-21-1478

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る