このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

屋外広告物の許可(基準)とはどのようなものですか。

更新日:2014年4月1日

市原市では千葉県屋外広告物条例に基づく許可審査を行っています。
屋外広告物の許可基準には、屋外広告物の種類に関係なく適用される「共通基準」と、種類ごとに定められた「個別基準」があり、ともに適合する必要があります。
また、これらの基準は屋外広告物を表示(設置)する場所(許可地域・禁止地域)によって異なります。
下記に記載されている内容は、その一部となっておりますので、詳しくは千葉県庁のホームページをご覧になるか、景観室までご連絡ください。

新規ウインドウで開きます。千葉県庁ホームページ(外部リンク)

許可地域における共通基準

  1. 地色に黒色又は原色を使用したことにより、良好な景観の形成を阻害し、又は風致を害するものでないこと。ただし、登録商標については、この限りではない。
  2. 蛍光塗料、発光塗料又は反射の著しい材料等を使用したことにより、良好な景観の形成を阻害し、若しくは風致を害し、又は、交通の安全を妨げるものでないこと。

許可地域における個別基準

1.建築物等に表示し、又は設置する広告物等
区分 基準
壁面に表示し、又は設置するもの
  1. 総表示面積は、1壁面につきその壁面面積の5分の1以下であること。
  2. 窓その他の開口部をふさいで表示し、又は設置してはならない。ただし、広告物等が広告幕である場合は、この限りでない。
  3. 壁面の端から突き出してはならない。
壁面から突き出すもの
  1. 上端の高さは、軒の高さ以下であること。
  2. 突出幅は、壁面から1m以下であること。
屋上に表示し、又は設置するもの
  1. 1表示面積は、広告物等の向いている方向からの壁面の最大投影面積の5分の1以下であること。
  2. 上端の高さは、軒の高さの3分の5(軒の高さの3分の5の高さが地上から10mに満たない場合にあっては、地上から10m)以下であること。
  3. 壁面から突き出してはならない。

2.建築物等から独立した広告板等

  1. 1表示面積は、30平方メートル以下であること。
  2. 上端の高さは、15m以下であること。
  3. 広告物相互間の距離は、5m以上であること。(自家用広告物以外であって、道路の路肩から側方へ20m以内の区域において1表示面積が10平方メートルを超えるものにあっては50m以上であること。また自家用広告物以外であって、鉄道等から側方へ100m以内の区域において1表示面積が10平方メートルを超えるものにあっては100m以上であること。)
  4. 自家用広告物以外について、鉄道等までの距離は100m(商業地域にあっては、20m)以上であること。

このページに関連するページ

千葉県屋外広告物条例にある禁止地域と許可地域とは何ですか。(どこですか。)

屋外広告物の表示(設置)の許可申請がしたい

お問い合わせ先

都市部 都市計画課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎3階
電話:0436-23-9838 ファクス:0436-21-1478

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問検索

都市計画・まちづくり

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る