このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

建築物などを建てるときに、景観の届出をする必要はありますか。

更新日:2014年4月1日

平成21年4月から、市原市景観条例の施行に伴い、景観法に基づく届出制度がはじまりました。
また、ちはら台東6丁目の一部を景観形成重点地区として指定し、平成23年4月1日から届出制度がはじまりました。

市原市は市内全域が景観計画の区域となっており、市内(工業専用地域は除く)にて建築物の新築等・工作物の新設等・開発行為に着手する場合は、事前に、その計画内容について届出をし、景観計画(景観形成基準)に適合しているか審査を受ける必要があります。

審査の結果、届出のあった計画内容が景観計画に適合しないと判断した場合、市は地域の良好な景観形成に資するよう協議、指導・勧告、変更命令等を行います。

このページに関連するページ

景観に関する条例はありますか。

お問い合わせ先

都市部 都市計画課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第1庁舎3階
電話:0436-23-9838 ファクス:0436-21-1478

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問検索

都市計画・まちづくり

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る