このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

ホームタウン情報(ジェフユナイテッド市原・千葉)

更新日:2015年1月23日

ジェフユナイテッド市原・千葉のキャラクター

 平成5年にサッカーがプロリーグ化され、市原市はジェフユナイテッド市原(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)のホームタウンとなりました。
 現在、ジェフユナイテッド市原・千葉は、ホームタウンを「市原市」・「千葉市」の2市として活躍しています。
 本市ではホームタウンとして、市民と選手がふれあえるイベントやジェフユナイテッド市原・千葉のアカデミーコーチを保育所・幼稚園・小学校に派遣し、スポーツに親しむ事業を実施するなど、「子育て」を重点施策に掲げる本市ならではのスポーツ振興をクラブと協力して実施しています。

 昨シーズン(2014シーズン)は、J2リーグ3位、J1昇格プレーオフ決勝で惜しくも敗れ、J1に復帰することはできませんでしたが、2015シーズンこそ、クラブの新スローガンである「一意専心」のもと、昇格という目標に向かって力強く真っ直ぐに突き進んでいただきたいと願っています。
 J1復帰に向け、監督、選手、スタッフががんばっています。市内外を問わず、多くの皆さんの応援でジェフユナイテッド市原・千葉を盛り上げていきましょう!

スタンドのファン・サポーター

「市原市」と「ジェフユナイテッド市原・千葉」の歴史

市原市とジェフの歴史

1991年

プロサッカーリーグ参加10クラブが発表され、千葉から古河電工を母体とするクラブの参加が決定
チームニックネームが「ジェフユナイテッド」に決定

1992年

ホームタウンが市原市に決定

1993年

Jリーグ開幕
「市原臨海競技場」がジェフユナイテッド市原のホームスタジアムに

1998年

Jリーグナビスコカップ準優勝
市内小学生が選手とふれあう「ホームタウンふれあいフェスタ」を実施(以降、毎年開催)

2001年

Jリーグディビジョン1ファーストステージ2位

2003年

ホームタウン広域化が決定し、市原市と千葉市がホームタウンに
Jリーグディビジョン1セカンドステージ2位

2004年 市内公立小学校・幼稚園・保育所をアカデミーコーチが訪問する「スポーツ体験教室」を実施(以降、毎年開催)

2005年

クラブ名を「ジェフユナイテッド市原・千葉」に改称
Jリーグナビスコカップ優勝
新スタジアム「フクダ電子アリーナ(千葉市)」オープン

2006年

Jリーグナビスコカップ優勝(2連覇)
FIFAワールドカップ・ドイツ大会にジェフから巻誠一郎選手が選出

2007年 ジェフリザーブズとジェフレディースによる市内の親子を対象とした「親子ふれあいサッカー教室(現:親子サッカーひよこ塾)」を実施(以降、毎年実施)

2009年

クラブスローガン :「YELLOW TOP 2009」
千葉市へのUNITED Park移転を前に「Thanks!!フットパーク姉崎」市原感謝祭イベントを開催
クラブ史上初めてのJ2降格が決定

2012年

クラブスローガン :「DAKKAN 奪還×脱甘」
シーズン成績5位でJ1昇格プレーオフへ進出。
プレーオフ決勝で大分トリニータに敗れて、J1昇格を逃す。

2013年

クラブスローガン :「絶対J1!」
シーズン成績5位でJ1昇格プレーオフへ進出。
プレーオフ準決勝にて徳島ヴォルティスと引き分け、大会規定によりJ1昇格を逃す。

2014年

クラブスローガン :「FUN! -勝利のために-」
シーズン成績3位でJ1昇格プレーオフへ進出。
プレーオフ決勝でモンテディオ山形に敗れて、J1昇格を逃す。

2015年

クラブスローガン :「一意専心」

ホームタウン活動

その他

新規ウインドウで開きます。ジェフユナイテッド市原・千葉の公式ホームページ(外部リンク)

選手入場の図

市原市はジェフユナイテッドを応援しています!

お問い合わせ先

スポーツ国際交流部 スポーツ振興課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9851 ファクス:0436-21-1720

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る