このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

(仮称)市原歴史博物館の建設

更新日:2020年2月5日

(仮称)市原歴史博物館の建設状況

「(仮称)いちはら歴史館」は、「(仮称)市原歴史博物館」に呼称を変更しました。ここでは、令和元年10月から始まった博物館の建設状況を随時お知らせします。

増築及び改修工事受注者

建築:進和・笹原特定建設工事共同企業体(令和元年8月9日仮契約・令和元年9月19日本契約)
電気設備:大崎電設株式会社(令和元年10月3日契約)
空調設備:株式会社帝設備(令和元年10月3日契約)
給排水衛生設備:岡崎設備工業株式会社(令和元年10月3日契約)

展示制作業務委託受注者

株式会社丹青社(令和元年9月24日仮契約・令和元年12月13日本契約)

(仮称)いちはら歴史館等増築及び改修工事(建築)起工式・鍬入れ式

令和元年9月29日(日曜日)に、「(仮称)いちはら歴史館等増築及び改修工事(建築)起工式・鍬入れ式」(施工者主催)が開催されました。
式典には、市長・議長・教育長はじめ工事関係者22名が出席し、工事の安全成就を祈願しました。

日時

令和元年9月29日(日曜日)午後1時30分から午後2時00分まで

場所

埋蔵文化財調査センター埴輪広場(市原市能満1489番地)

(仮称)いちはら歴史館の整備計画

建築・改修工事、展示制作年次予定

令和元年度:建築・改修工事、展示制作
令和2年度 :建築・改修工事、展示制作
令和3年度 :室内環境調査・展示資料搬入
令和4年度 :春開館

外観デザイン・コンセプト

外観デザインは、悠久の歴史・文化を育んできた「いちはらの大地」を表現します。
個性的で愛着のある魅力的な施設として、緑豊かな周辺の自然環境と既存施設との調和を図り、地層を連想する「土塊」をモチーフとしました。

博物館外観鳥瞰パース
外観イメージ(鳥瞰図)

博物館外観近景パース
外観イメージ(見上げ図)

展示デザイン・コンセプト

市原市の各時代の歴史は、東京湾と養老川との地理的・風土的関わりが密接にみられることから、「東京湾と養老川が織りなす市原の歴史への旅」を基本テーマとし、各展示へとつながる構成としました。
「いちはらの大地」を縦断し、移動や文化の中心となってきた1本の養老川をデザインモチーフとして、什器やグラフィックなどさまざまなものに形を変えながら、来館者を各展示へと導きます。

エントランスホールの展示イメージ
エントランスホール・情報コーナー

常設・企画展示室の展示イメージ
常設・企画展示室

民俗展示室の展示イメージ
民俗展示室

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9853 ファクス:0436-24-3005

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る