このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

市民協働・連携事業(フィールドミュージアム検討会)

更新日:2020年3月5日

博物館で行うフィールドガイダンス展示と連携し、市民や来訪者が見学ルートや各種情報を容易に得られるようなしかけを用意するため、見学ルート等の検討会やフィールドワークを行うことにしました。
検討に当たっては、市民との協働により行うことで、歴史遺産の存在や価値と魅力を再発見してもらうきっかけとします。

第8回「フィールドミュージアム検討会」(フィールドワーク)

開催日時

令和2年2月27日(木曜日)午前9時30分から正午まで

新型コロナウイルス感染症の感染予防を考慮し、参加者の健康状態の確認とマスクの着用により、フィールドワークを実施しました。

会場

史跡上総国分尼寺跡展示館・国分寺台地区

参加人数

19名(市民14名・市職員5名)

内容

1.かずさのくに国府探検会の活動(山本勝彦さん/かずさのくに国府探検会)
2.国分寺台地区(基本コース)の検討(フィールドワーク)

国分寺台地区には、上総国分僧・尼寺跡(全国最大級の寺域と史跡整備)、稲荷台1号墳(「王賜(おうし)銘鉄剣(めいてっけん)(国産最古の有銘鉄剣)の出土)、神門(ごうど)5号墳(東日本最古の古墳)など、全国的に見ても優れた歴史遺産が高密度に分布しています。

祇園原(ぎおんばら)貝塚での縄文時代の貝殻や上総国分僧寺跡での古代の布目瓦の発見に参加者も興奮し、歴史を体感するためのフィールドワークの重要性を再認識しました。

第7回「フィールドミュージアム検討会」(フィールドワーク)

開催日時

令和2年1月22日(水曜日)午前10時から正午まで

会場

市原町民館(光善寺本堂)・市原地区

参加人数

25名(市民22名、うち地元7名・市職員3名)

内容

1.市原と上総国府(山越国臣さん/いちはら里づくりの会)
2.市原地区(基本コース)の検討(フィールドワーク)

地元愛あふれる町会・寺・神社関係の皆さんにもご参加いただき、フィールドミュージアムへの協力をお願いしました。なお、市原地区の皆さんには、平成30年度に実施した「市原の柳楯神事」映像記録制作でもお世話になりました。

無形民俗文化財映像記録制作事業

第6回「フィールドミュージアム検討会」(フィールドワーク)

開催日時

令和元年11月27日(水曜日)午前10時から正午まで

会場

姉崎公民館・姉崎地区

参加人数

17名(市民13名・市職員4名)

内容

1.姉崎地区の歴史遺産と基本コースについて(姉崎を知る会/石黒修一さん)
2.姉崎地区(基本コース)の検討(フィールドワーク)
3.意見交換

第5回「フィールドミュージアム検討会」(フィールドワーク)

開催日時

令和元年10月23日(水曜日)午前10時00分から正午まで

会場

八幡公民館・八幡地区

参加人数

18名(市民14名・市職員4名)

内容

1.八幡地区の歴史遺産について(山岸弘明さん/八幡史学館)
2.八幡湊と河岸跡を歩く(フィールドワーク)

第4回「フィールドミュージアム検討会」

開催日時

令和元年9月25日(水曜日)午前10時00分から正午まで

会場

市原市埋蔵文化財調査センター会議室

参加人数

11名(市民8名・市職員3名)

内容

1.八幡地区の検討(アクセス・案内サイン・見学ルート)
2.姉崎地区の検討(基本コースの検討)
3.意見交換

第3回「フィールドミュージアム検討会」

開催日時

令和元年8月28日(水曜日)午前10時00分から正午まで

会場

市原市埋蔵文化財調査センター会議室

参加人数

11名(市民8名・市職員3名)

内容

1.優先して検討する地域について(国分寺台地区・八幡地区・姉崎地区)
2.八幡地区の検討(歴史遺産の所在地確認)
3.姉崎地区の検討(基本コースの検討)
4.意見交換

第2回「フィールドミュージアム検討会」

開催日時

令和元年7月24日(水曜日)午前10時00分から正午まで

会場

市原市埋蔵文化財調査センター会議室

参加人数

14名(市民11名・市職員3名)

内容

1.フィールドミュージアム構想の道筋について
2.基本ルートの構成について(テーマ・時代・地域等)
3.見学ルートの所要時間について
4.見学ルート上の問題点について
5.フィールドサインの設置について
6.優先して検討する地域について
7.八幡地区の事例紹介

第1回「フィールドミュージアム検討会」

開催日時

令和元年6月26日(水曜日)午前10時00分から正午まで

会場

市原市埋蔵文化財調査センター会議室

参加者数

17名(市民15名・市職員2名)

内容

1.いちはら歴史のミュージアム事業について(体験館検討会と合同)
2.フィールドミュージアム構想の実現に向けて
3.フィールドミュージアム構想の進め方について

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9853 ファクス:0436-24-3005

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る