このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

国登録有形文化財 小湊鉄道駅舎群等(駅舎)

更新日:2017年6月14日

登録された22件の文化財のうち、駅舎を紹介します

上総村上駅本屋

 建築は昭和2年頃とみられ、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるものです。建物面積42.140平方メートルが登録されています。
 外観構造は木造平屋で、屋根構造は寄棟造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。駅舎主屋は事務室と宿直室からなり、北側にはホームに沿ってバス停留所のような片流れの屋根の待合室が並びます。
 昭和7年頃に待合室部分が約2倍に拡張されていいますが、駅舎主屋と待合室は、当初からの素朴な佇まいをよく伝えています。この駅舎は地元住民の重要な交通機関である小湊鉄道の駅舎として現在も引き続き使用されており、いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建築です。

海士有木駅本屋

 建築は大正14年頃とみられ、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるものです。建物面積77.67平方メートルを登録文化財としています。
構造は木造平屋建てで、屋根は寄棟造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。駅舎正面の広場側にトタン屋根の庇が設けてあります。  
 昭和7年にこの庇を北側に1間半ほど増やし、3畳だった和室を4畳半に広げています。また、事務室は西側のキッチンスペースとの間仕切りを撤去してキッチンスペースを1室内に取込んでいます。さらに、昭和61年6月には、北側桁行方向に1間四方のキッチンスペースとその北に1畳強の広さをもつ浴室を増築しています。待合室と事務室の大部分は大きな改築がなく、待合室の出札口や手荷物扱口カウンター、東側壁際のベンチは当初からのものです。
 このような増改築にも関わらず、駅前広場側から、そして線路側から望見される姿は開業当初からの駅のたたずまいをよく伝えています。いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建造物です。

上総山田駅本屋

 建築は大正14年頃とみられ、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるものです。建物面積74.365平方メートルを登録文化財としています。
 構造は木造平屋建てで、屋根は寄棟造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。駅舎正面の広場側にトタン屋根の庇が設けてあります。  
 昭和7年頃に北側に1間ほどの孫庇を増築して、3畳の和室の西に3畳分の土間を拡張しています。昭和60年頃に事務室は西側の元の北側桁行方向に桁行1間半の角屋を増築し、キッチンスペースと浴室を確保しています。待合室と事務室の大部分は大きな改築がなく、待合室の出札口や手荷物扱い口カウンター、南側壁際ベンチは当初からのものです。
 このような増改築にも関わらず、駅前広場側から、そして線路側から望見される姿は開業当初からの駅のたたずまいをよく伝えています。いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建造物です。

馬立駅本屋

 建築は大正14年頃とみられ、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるもので、第1期開業当初(大正14年3月7日)の駅舎のひとつです。建物面積74.365平方メートル。
 構造は木造平屋で、屋根は寄棟造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。駅舎正面の広場側にトタン屋根の庇が設けてあります。  
 昭和7年にこの庇を北側に増設しています。事務室は北側にあったキッチンスペースとの間仕切りを撤去して後者を事務室内に取込んでいます。また、昭和60年には北側桁行方向に桁行2間の角屋を増築し、キッチンスペースと浴室を確保しています。
 待合室と事務室の大部分に大きな改築はなく、出札口や手荷物扱い口カウンター、北側窓際ベンチ、内壁の竪板張の腰板や天井などは当時のものです。駅前広場側から、そして線路側から望見される姿は開業当初からの駅のたたずまいをよく伝えています。この駅舎は地元住民の重要な交通機関である小湊鉄道の駅舎として現在も引き続き使用されており、いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建築です。

上総牛久駅本屋

 建築は大正14年頃とみられ、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるものです。建物面積は84.281平方メートルです。
 構造は木造平屋で、屋根は寄棟造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。駅舎正面の広場側に庇が設けてあります。  
 昭和7年にこの庇を北側に増設し、当初は3畳の和室を4畳半とし、さらに2畳分の土間を拡張しています。事務室は北側にあったキッチンスペースとの間仕切りを撤去して事務室内に取込んでいます。待合室は昭和60年に東に桁行1間半ほど拡張し、その広場側半分を土産物の販売所として活用しています。出札口や手荷物扱い口カウンターなどは当初からのものです。
 このような増改築にも関わらず、駅前広場側から、そして線路側から望見される姿は開業当初からの駅のたたずまいをよく伝えています。いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建築です。

上総鶴舞駅本屋

 建築は大正14年頃とみられ、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるもので、第1期開業(大正14年3月17日)当初の駅舎のひとつです。建物面積は66.102平方メートルです。
 構造は木造平屋で、屋根は寄棟造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。駅舎正面の広場側に庇が設けてあります。  
 昭和7年に事務室の北側にあるキッチンスペースとの間仕切りを撤去してキッチンスペースを事務室内に取込んでいます。待合室の出札口や手荷物扱口カウンター、北側窓際のベンチ、天井や四半敷状に目地を切ったコンクリート土間等は当初のものです。
大きな改築が見られず、開業当初からの駅のたたずまいをよく伝えています。この駅舎は地元住民の重要な交通機関である小湊鉄道の駅舎として現在も引き続き使用されており、いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建築です。
 関東の駅100選にも選ばれており、ドラマやCMのロケ地として頻繁に使われ広く親しまれています。

高滝駅本屋

 建築は大正14年頃とみられ、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるものです。
 構造は木造平屋建て建物面積78.019平方メートルで、屋根は寄棟造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。駅舎正面の広場側とプラットホームに設置された庇は建築当初のものです
 昭和7年に事務室北側のキッチンスペースとの間仕切りを撤去し、新たに間仕切りを南に設置し、保線区作業員の事務室兼休息室としました。また、狭くなった旧事務室は倉庫として使用しています。さらに近年内装を山小屋風の板張りにして、平成24年には屋根を軽量セメント瓦に変更しています。出札口、手荷物カウンター及び南壁側のベンチは当初からのものです。
 こうした内部の改造はありますが、開業当初からの駅のたたずまいをよく伝えています。いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建造物です。

里見駅本屋

 建築は開業当初の大正14年頃とみられ、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるものです。
構造は木造平屋、建物面積76.844平方メートルで、屋根構造は寄棟造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。駅舎正面側及びプラットホームには建築当初からの庇がつきます。  
 昭和7年に広場側の間口5間のトタン屋根の庇を3間半に改築して、北の部屋の押し入れを増築しています。 さらに昭和62年には北側に桁行1間、1畳弱切妻の角屋を増築し、風呂場としています。事務室は北側キッチンスペースとの間仕切りを撤去して、事務室内に取込んで広い一室としています。
 待合室と事務室の大部分に大きな改築はなく、待合室の出札口カウンターや手荷物扱い口カウンター、北面のベンチなどをそのまま残しており、開業当初からの駅のたたずまいをよく伝えています。この駅舎は地元住民の重要な交通機関である小湊鉄道の駅舎として現在も引き続き使用されており、いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建築です。

月崎駅本屋及びプラットホーム・月崎駅旧下り線プラットホーム

 大正15年9月1日の第2期開業時の駅舎で、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるものです。建物面積は58.666平方メートルです。
 構造は木造平屋建てで、屋根構造は切妻造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。里見駅等の第1期開業当初からの駅舎に比べてコンパクトなつくりになっています。
 駅舎待合室前面に、間口2間の切妻の玄関ポーチが張り出しています。北側にあった角屋の宿直室は撤去され、現在は旧事務室と待合室からなる主屋が残ります。旧事務室は床を待合室から続く土間としています。
 いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建築です。
 プラットホームは延長76mで、笠石にコンクリートブロックを用いた造りになっています。旧下り線プラットホームは、幅3.5m、延長77mでレール面からの高さは61cmです。昭和42年に月崎駅を無人化し単線とするにあたり、使われなくなりました。
 旧下り線プラットホームは立入禁止です。見学の際は線路内に立ち入らないようお願いします。

養老渓谷駅本屋

 第3期開業(昭和3年5月16日)に合わせて建築された駅舎で、設計・施工は鹿島組(現鹿島建設株式会社)によるものです。
 木造平屋建て建物面積95.848平方メートルで、屋根は切妻造の瓦葺です。壁面は下見板を張ってペイント塗りをし、洋風に仕上げています。
 待合室側前面に、間口2間の切妻のポーチが当初よりついています。また、ポーチの上には大きい破風屋根を設け、駅への入口を強調する洒落たデザインとなっています。赤い瓦葺きの切妻屋根は勾配が45°になる矩勾配とし、洋風の雰囲気を見せています。線路側ホーム上には出が1間半、長さ6間の庇を設けており、この庇は北側の昭和7年に増築された角屋の緩い勾配の屋根と連続しています。事務室は待合室との間仕切りの一部を待合室側に拡張して事務室を広げています。
 このように内部に小規模な改築はあるものの、ベンチや改札口は当初のものを使用しており、内外観ともに昭和初期のモダンな駅のたたずまいをよく伝えています。いちはらの近代化の風景をいまなお伝え、歴史的景観を保つ貴重な建築です。

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9853 ファクス:0436-24-3005

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る