このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」の天然記念物指定について

更新日:2018年10月25日

「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」に関するポスターを掲示しました

 国指定天然記念物「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」の見どころや、特徴をまとめたポスターを市役所第2庁舎1階ロビーに展示中です。市役所にお越しの際はぜひご覧ください。また、天然記念物に関するポスターも五井駅東口自由通路に展示中です。こちらも併せてご覧ください


「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」国指定記念ポスター

「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」が国天然記念物に指定されました!

 市原市教育委員会は、平成30年1月末、千葉県経由で文部科学大臣あてに「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」の天然記念物指定に関する意見具申書を提出しました。これを受け、文化審議会は、6月15日に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経たのち、文部科学大臣に対し、当該地層を天然記念物として指定することを答申しました。
 この度、10月15日に官報告示されたことにより、「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」が国天然記念物に指定されました。市原市での国天然記念物指定は初になります。

【文化財の概要】

 今回、国の指定文化財となったのは、「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」です。文化財の種別は天然記念物で、その指定要件は「地質鉱物」にあたります。地質鉱物のうち特に希少なものという意味です。
 「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」は、市原市の南部、養老川の中流域にみられる地質年代区分の第四紀前期更新世(こうしんせい)及び中期更新世の地層です。この地層は、もともとは海底に堆積した地層が、地殻変動によって隆起して地上に現れたものです。さらにこれらの地層が河川の侵食によって削られ、河岸では大規模な露頭が形成され、平らな河床の両側に崖がそびえたつ独特の景観が見られます。
 現地の地層(研究者は「千葉セクション」と呼びます)には、今から約77万年前に最後の地磁気逆転現象がおき、その後現在と同じ地磁気の向きになった痕跡が残されています。この現象が、同じ地層の中で連続的に観察・分析できる場所は、市原市田淵周辺以外ではほとんど例がなく、学術上極めて価値の高いものです。
 また、地磁気の逆転現象の時期には、古期御嶽山(おんたけさん)の噴火によって飛来した火山灰(白尾火山灰(びゃくびかざんばい)・Byk-E)が堆積しており、地磁気逆転の境界を視覚的に容易にとらえることができます。
 さらに地層には、海中の有孔虫(ゆうこうちゅう)や陸上の花粉などの化石、貝類などの海洋生物が生息していた痕跡などの化石が良好に残っており、最後の地磁気逆転から現在の地磁気の向きに移り変わるまでに起きた環境の変化を知るうえで極めて重要な場所といえます。
 これらの重要性から、国の天然記念物に指定されるに相応しいとの答申を得て、今回、官報告示によって正式に指定されました。
 また、地質年代境界の国際標準模式層断面とポイント(GSSP)に認定される可能性も高まっており、認定されると77万年前から始まる更新世中期という地質年代について千葉時代の意である「チバニアン」の名がつくことになります。ただ、その審査はまだ途上であり、認定の時期は未定です。


養老川沿いの露頭 遠景


養老川沿いの露頭


素掘りのトンネルとポットホール


不動滝


養老川の河床に見られる生痕化石(海底で生物が生活した痕跡)


養老川の河床に見られる貝化石

現地配布パンフレット

国指定天然記念物「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」のことがわかる資料です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

生涯学習部 ふるさと文化課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 第2庁舎2階
電話:0436-23-9853 ファクス:0436-24-3005

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る