このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年度生涯学習フェスティバルの様子

更新日:2017年3月9日

平成28年度生涯学習フェスティバルが2月25日に開催されました。

生涯学習フェスティバルは、市民の「学習意欲の向上や学習者間の交流などを図るため、学習成果の発表の場」として行われるイベントです。
今年は、「まちのせんせい」によるボッチャ等の体験教室と、一般公募の出演者によるステージ発表、いちはら市民大学特別講座を同時開催しました。
ご来場いただいた皆様、ご出演いただいた皆様、ありがとうございました。

当日の様子

平成29年2月25日(土曜日)
会場 市原市勤労会館(Youホール)3階多目的ホール 全席自由

「まちのせんせい」による体験教室


「ボッチャ体験教室」では、初めてボッチャというスポーツに触れる方がほとんどの中、「簡単にできた。」「またやってみたい。」という声をたくさん頂きました。


「昔遊び体験教室」では、大人も子どもの頃に戻り、けん玉・ベーゴマなどを子どもと一緒に楽しんでいる光景が見られました。


「折り紙体験教室」では、ひと裁ち切りの手法を講師に教わり、ハートができあがる様子に子どもたちは興味津々で、「家でも作りたい!」と話していました。


「フラワーアレンジメント体験教室」では、講師による細やかな指導により、楽しみながらフラワーアレンジメントを体験できたと好評でした。

音楽団体による演奏発表


最初に登場したのは「山猫Jam」さんでした。このフェスティバルのために、特別編成されたバンドで、新しい楽器にも挑戦し、素晴らしい演奏と歌を披露してくれました。


「3年6組ソラユメ」さんは、3歳の娘さんとアニメの曲を共演、その後オリジナルソングをピアノの弾き語りで披露してくれました。


「ピアノボーカルデュオwithブルースギター」さんは、ピアノとブルースギターのアンサンブルで、素敵なジャズソングを届けてくれました。


「USAバンド」さんは、南国の衣装をまとい、昔懐かしの名曲を披露してくれました。


「STEED」さんは、懐かしの名曲をロックアレンジした「懐メロック」で、会場を盛り上げてくれました。


「Merry Friends Orchestra」さんは、14人のビッグバンドで参加してくれ、息の合った演奏を披露してくれました。


2005年本フェスティバルで行われた市原スーパーバンドライブでグランプリを受賞した「はるもっこ☆」さんにゲストとしてミニライブをしていただきました。聴いていて心地良いお二人の歌声と演奏で、会場を魅了しました。

いちはら市民大学特別講座

演題 いつも心にダイアモンド

講演 渡辺敦子氏 

プリンセスプリンセス リーダー
東京スクールオブミュージック専門学校副校長、 児童発達支援・放課後等デイサービス代表


いちはら市民大学受講生以外にも、広く市民を集めて開催している講座です。今年度は、生涯学習フェスティバルと同時開催しました。


今回は、市原市出身、プリンセスプリンセスのリーダーである渡辺敦子氏による「いつも心にダイアモンド」という演題で講演していただきました。

市原での生活、今までの音楽活動や音楽活動を通した東日本大震災復興支援活動について、また新たに市原で活動している子育て支援事業についてなど、盛りだくさんの内容に、来場者の皆さんお話に引き込まれていた様子でした。

講演の最後に、渡辺氏の教え子でもある「はるもっこ☆」さんとサポートメンバーを加えたスペシャルバンドによる「世界でいちばん熱い夏」を披露していただきました。来場者も歌詞を口ずさみ、会場全体が一体となりました。

お問い合わせ先

生涯学習部 生涯学習課 生涯学習センター
市原市五井中央西1丁目1番地25 サンプラザ市原10階
電話:0436-20-1180 ファクス:0436-25-2577

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る