このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

「市原市学びのまち推進計画」を策定しました

更新日:2017年4月11日

策定の背景

本市では、生涯学習に関する施策を計画的に推進するため、2001年に「いちはら生き生きプラン」、2008年には同プランを「市原市生涯学習推進プラン(以下「前プラン」という。)」として改定し、生涯学習社会の実現に取り組んできました。
しかし、前プラン策定から9年が経過した現在、我が国の生涯学習を取り巻く社会情勢は、超少子高齢化・人口減少社会の本格的な到来、社会活力の低下、社会のつながりの希薄化、グローバル化、格差社会の進行など、目まぐるしく変化しています。
このような中、2013年1月に中央教育審議会生涯学習分科会がまとめた「第6期中央教育審議会生涯学習分科会における議論の整理」では、『個人の自立に向けた学習の機会の提供や絆づくり・地域づくりに向けた体制づくり』の必要性について言及され、また、2013年6月に国が策定した「第2期教育振興基本計画」では、『一人一人が生涯にわたって能動的に学び続け、必要とする様々な力を養い、その成果を社会に活かしていくことが可能な生涯学習社会』をめざしていく必要があるとされました。
本市においても、2016年3月に策定された「市原市人口ビジョン」で示されたとおり、今後、本格的な人口減少社会を迎えることにより、地域の活力や支えあい、子育てや教育等さまざまな分野への影響が懸念されており、こうした状況に対応を図っていく必要があります。
また、2014年6月に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」が改正され、教育の目標や施策の根本的な方針である「大綱」を定めることとされたことに伴い、本市では『未来へつなぐ いちはらの教育』を基本理念とした「市原市教育大綱」を策定しました。今後はその具現化を図っていく必要があります。
こうしたことから、市民が生涯にわたり、あらゆる機会に、あらゆる場所において学ぶことができ、その成果を適切に活かしていくことができる社会の実現を図るため、新たに「市原市学びのまち推進計画」を策定しました。

ダウンロード

こちらから「市原市学びのまち推進計画」をダウンロードできます。

分割版

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ先

生涯学習部 生涯学習課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所9階
電話:0436-23-9850 ファクス:0436-23-4422

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る