このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

令和元年度パフォーマンスコースの様子

更新日:2019年7月30日

第1回 6月23日 日曜日 開講式・うらじゃ音頭

 今年も始まりましたパフォーマンスコース2019。このパフォーマンスコースは子どもから大人まで一緒になって汗を流すことができる講座です。はじめに開講式を行い、お互いのニックネームを紹介、みんなで楽しめる仲間づくりゲームを行いました。その後、本日の講師である並木先生(みっきー)に、うらじゃ音頭を楽しく教わりました。みんなで手をつないで輪をつくり、大いに盛り上がりました。初参加の受講生も積極的に参加し、和やかな雰囲気の中で、和気あいあいと踊りを学ぶことができました。

【受講生の感想より一部抜粋】
・すごく体力を使いました。最後の握手はみんなとできました。(たくま)
・汗をかいて、笑って楽しかったです。みんなで動くところが少し緊張もするけれど一体感があってまたいいです。(ユッキー)
・楽しかったです。この講座は生きた本物の愛と友情と協力を学べる最高の場です。(大ちゃん)

第2回 7月7日 日曜日 スラックライン

 スラックライン界のパイオニア、我妻吉信先生を講師に迎え、東海小学校の体育館ではじめてのスラックラインを実施しました。スラックラインとは、細いベルト状のラインの上でバランスを楽しむスポーツです。ラインの上を歩いたり、跳びはねたりするものですが、実際にやってみると見た目以上に難しく、片足で立っているのもやっとでした。我妻先生の丁寧なご指導のおかげで、受講生たちはみるみるうちに上達していきました。大人も子どもも最後まであきらめず、自分の目標に向かって挑戦し続け、あっという間の2時間でした。※時々、見せてくれる我妻先生の人間離れした技は一同驚愕でした。

【受講生の感想より一部抜粋】
・バランスをとるのが難しかったけれど、だんだんできるようになって楽しかった。(ダイ)
・20秒キープがなかなかできませんでした。ラインを渡りきることが何度かできてうれしかったです。(ひまわり)
・生まれて初めてスラックラインをやりました。バランスをとるのがとっても大変でしたが、何回もチャレンジをしてバランスがとれるようになりました。(すぎちゃん)

第3回 7月21日 日曜日 ジャグリング

 瀧川先生(たっきん)をお招きをして、ジャグリングに挑戦し、「ディアボロ」というものを行いました。「ディアボロ」とは、両手に持ったスティックに結ばれた1本のひもを上下させて、ひょうたん型のプラスチックのこまを落とさないよう回転させるもので、一般的に「中国ごま」と言われるものです。この「ディアボロ」を使って、こまを回したり、空中に投げてキャッチしたりしました。講座の後半には、2人組になって、こまを回しながら受け渡すという高度な技に挑戦しました。最初はなかなかうまくキャッチできなかった受講生たちも、練習をしていく中で見事にキャッチする姿が多く見られました。

【受講生の感想より一部抜粋】
・最初やったときはできなかったけれど、先生にコツを教えてもらってできるようになりました。(ふう)
・一人でやっても面白かったが、二人以上でやるともっと良かった。(すみばあちゃん)
・楽しかった!来年もやりたい。軸のまわるやつもやってみたい。(ゆうしん)

お問い合わせ先

生涯学習部 生涯学習課 生涯学習センター
市原市五井中央西1丁目1番地25 サンプラザ市原10階
電話:0436-20-1180 ファクス:0436-25-2577

このページの問い合わせ先にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る