このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政情報
  • 文化・スポーツ
  • 観光・魅力・産業
サイトメニューここまで

本文ここから

公民館の使用料について

更新日:2017年6月15日

公民館をご利用の場合は、使用料を納入していただきます(図書室は無料です)。

使用料は、利用許可後速やかに公民館窓口で納入してください。

平成29年4月1日より使用料を改定しました。詳細は下記リンクよりご確認ください。

公民館の使用料改定のお知らせ

使用料の減額・免除について

次の条件に該当するときは、使用料の減額または免除を受けることができますが、使用料の改定に合わせて使用料の減免についても取扱いを変更しました。詳細については各公民館にお問い合わせください。

1.市が主催者又は共催者として利用する場合(全額)
2.行政上必要な行事等で国又は県が利用する場合(全額)
3.教育又は保育上必要な行事等で市内の保育所、認定こども園及び学校並びに家庭的保育事業等を行う方が利用する場合において天災その他ややむを得ないと認める事由がある場合(全額)
4.身体障害者手帳をお持ちの方及びその方の利用に際して介護を行う方が利用する場合(全額)
5.児童相談所又は療育手帳をお持ちの方及びその方の利用に際して介護を行う方が利用する場合(全額)
6.精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその方の利用に際して介護を行う方が利用する場合(全額)
7.4~6に該当する方を主要な構成員とする団体が利用する場合(全額)
その他、教育委員会が特に必要があると認めるときは、使用料を減額、または免除します。
変更点(平成29年4月1日より)
(1)書類等の確認を行います
使用料の減免については、条例及び規則で定めています。それらに該当するか審査するため、書類等を提示・提出していただきます。これまで使用料の減免を受けていた場合でも、今後は利用内容によって減免を受けられない場合があります。
(2)減免申請の手続きには時間がかかることがあります
手続きに時間がかかる場合もありますので、利用日まで1か月程度の余裕をもって、ご利用施設の窓口にご相談ください。
(3)「市の後援を受けたもの」の減額はなくなります
これまで市の後援を受けたものは使用料を半額としておりましたが、今後は減額の対象となりません。
 

使用料の還付について

納入された使用料は、利用者の責に帰すことができない場合を除き、原則として還付できませんのであらかじめご了承ください。詳細については各公民館にお問い合わせください。

お問い合わせ先

生涯学習部 生涯学習課
市原市国分寺台中央1丁目1番地1 市役所9階
電話:0436-23-9850 ファクス:0436-23-4422

このページの作成担当課にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

市原市役所

〒290-8501 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1番地1 電話:0436-22-1111(代表)
開庁時間: 月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)
Copyright (C) Ichihara City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る