このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • PICK UP
  • あそぶ
  • まなぶ
  • たべる
  • 知る
サイトメニューここまで

本文ここから

南関東で唯一ぞうに乗れる動物園

更新日:2019年4月1日

市原ぞうの国

市原ぞうの国

圏央道の市原鶴舞インターチェンジから車で約5分。小高い丘の中腹に市原ぞうの国はあります。日本最多の13頭のぞうを飼育する同園。市原といえば、この市原ぞうの国が思い浮かぶ方が多いかもしれません。

何はともあれまずはぞうさんショー

毎日午前と午後に1回ずつ行われるぞうさんショー。ぞう舎から広場まで、ぞう使いに連れられて1列になりやってきます。こちらで繰り広げられる芸達者なぞうたちのショーは、驚くこと間違いなし。フラフープを鼻で器用に回す芸に始まり、ダンス、楽器の演奏、バスケットボール、サッカー。果ては、絵を描くまで。言葉では「まさか」と思うような芸が目の前で繰り広げられ、観客は拍手せずにはいられません。

ぞうによるお絵かき
ゆめ花によるお絵かきは必見

人気のアトラクション

ショーが終わった後にも、さまざまなアトラクションが用意されています。

ぞうさんのおやつタイム

広場にて、直接ぞうにえさをあげることができます。直接触ることも大丈夫。最初は怖がる子どもも、触ってみるとぞうの優しさに次第に緊張感がとけていく子も。「ぞうの皮膚ってこんな感じなんだ~」という声が聞こえてきます。

ぞうさんライド

市原ぞうの国に来たら、やっぱりぞうに乗らなくちゃ!外からみていると分からないですが、意外と揺れたり独特なリズムで歩いたり。貴重な思い出をつくることができます。

ぞうに乗る家族
人気のぞうさんライド

丘の上のぞう舎

ぞうさんショー以外の時間は、園内の丘の上にあるぞう舎でぞうは過ごしています。ここでは、飼育員と戯れるぞうやショーにはまだ出ない赤ちゃんぞうなどを見ることができます。生まれたぞうの市民証贈呈式や初節句など、ここではさまざまな催しが開催されています。

平成最後の赤ちゃんぞうが誕生だゾウ

ぞうの国の仲間たち

園内にはぞうだけでなく、約100種、400頭羽の動物たちがお客様を出迎えます。多くの動物たちにエサを直接あげることができるのも特徴。
エサやりOKな動物たちには、どんどんエサをあげてみましょう。カバのエサやりでは、直接カバに触れることもでき、大きな口を開けてあなたのエサを待っています。

外が疲れたらキッズスペースや資料館も

園内には小さな子どもが遊べるキッズスペースも用意。また、これまでの歴史やぞうが描いた絵などが展示されている資料館も設置。2005年に公開された映画『星になった少年』は原作がなんと、この園の坂本小百合園長。映画にまつわる展示なども見ることができます。

動物園の中でも、より身近に動物たちとのふれあいができる「市原ぞうの国」。ぜひ一度訪れてみませんか?

施設情報

営業時間

3月~10月

午前9時~午後5時(最終入園は午後4時)

11月~2月

平日

午前10時~午後5時

土日祝日・年末年始

午前9時~午後5時

休園日

3月~11月

毎週木曜日

12月~2月

毎週水・木曜日

料金

入園料など
区分 金額
大人 ¥1,800
65歳以上 ¥1,440
小学生 ¥900
幼児(3歳以上) ¥500
2歳以下 無料
駐車料金 ¥1,000
ぞうさんライド ¥2,500
どうぶつのえさ ¥500

詳しい料金体系などは、市原ぞうの国公式ウェブサイトをご覧ください。

新規ウインドウで開きます。市原ぞうの国営業時間・料金案内(外部リンク)

場所

公式ウェブサイト

新規ウインドウで開きます。市原ぞうの国(外部リンク)

注意事項

こちらに掲載している情報は、平成31年3月15日現在の情報です。
最新の情報は、公式ウェブサイトをご覧いただくか、電話でお問い合わせください。

本文ここまで
サブナビゲーションここから

サブナビゲーションここまで

このページのトップへ戻る