このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • PICK UP
  • あそぶ
  • まなぶ
  • たべる
  • 知る
サイトメニューここまで

本文ここから

五感で里山を感じる

更新日:2019年4月1日

里山トロッコ列車

小湊鉄道里山トロッコ列車

「ポッポー」
白煙を上げ懐かしい音を立てながら、時速約25kmで走る里山トロッコ列車。窓のない展望車は、まさに里山の風を肌で感じることができ、気候の良い日はとても気持ちがいいです。さらに天井はガラス張りとなっていて、開放感あふれる列車の旅を楽しむことができます。

トロッコ列車と歓迎する住民
地元の人が手を振る里山トロッコ列車

上総牛久駅から出発

里山トロッコ列車は、小湊鉄道の上総牛久駅から養老渓谷駅までを走ります。出発の上総牛久駅では、「出張牛久商店街」と称して、地元商店街の自慢の逸品を売り子が販売することも。駅員に見送られ、およそ1時間の列車の旅が始まります。

列車では、車掌さんがアナウンスで沿線の見どころを紹介。見どころでは、速度を落として走行してくれるため、じっくり風景を楽しむことができます。
通過する上総鶴舞駅は、関東の駅100選に選ばれている駅。木造の趣ある駅舎は、さまざまなロケなどで使用されています。

トロッコ列車に乗っていて気づくのは、沿線で手を振ってくれる人の多さ。里山の温かさを感じますね。

里見駅

里見駅に停車するとまず目に入ってくるのは、地元ボランティア団体の喜動房倶楽部による販売。なんと構内にお店を構えているため、乗客は列車に乗りながら買うこともできます。

出発するときは、喜動房倶楽部の皆さんがまたしてもお見送り。手を振ってもらう、それだけのことなのに、なんだかとても幸せな気分になれますね。

見送る人と手を振る人
「いってらっしゃい」と手を振る喜動房倶楽部

月崎駅

世界一大きいといわれるトイレがある飯給駅を通過し、到着するのは月崎駅。チバニアンで一躍有名となった田淵の地磁気逆転地層の最寄り駅です。月崎駅には、かつての保線員の詰所小屋に手を加え、アート作品とした「森ラジオ ステーション」があります。最近では、映画やドラマなどのロケ地として使用されています。

森ラジオステーションを散策する人
森ラジオ ステーション

チバニアンの地層にこの手で触れる

月崎駅を出発すると、いよいよ終点の養老渓谷駅へ

この間には、長さ400mを超えるトンネルと高さ20mの第四養老川橋梁があります。窓のない列車ではしる単線のトンネルは、迫力抜群。トンネルの壁すれすれを通る列車は、まるでテーマパークのアトラクションのようです。さらに、高さ20mの橋梁からは真下に川面をのぞくことができ、魚影を確認できることも。
(※くれぐれも、窓から顔や手を出さないように、気を付けてください。)

また、養老渓谷駅の手前では菜の花畑で有名な、石神菜の花畑を通過します。菜の花の見ごろに、わざとスピードを落としてくれるのは、ローカル線ならではです。

菜の花畑の中で写真を撮る人と列車
名所となった石神菜の花畑

養老渓谷駅に到着

1時間の列車の旅は終わり、養老渓谷駅へ到着。きっとこの頃には、あなたも里山の魅力に引き込まれているはずです。

さまざまなイベント列車も

トロッコ列車は季節に応じて、さまざまなイベントを開催しています。夜桜トロッコ列車や涼風ビール列車、イルミネーショントロッコ列車など。いつでも、飽きさせない工夫で乗客の皆さまをお待ちしています。

写真協力

市原市観光協会

乗車方法

里山トロッコ列車に乗車するには、通常の乗車券のほか、整理券(500円)が必要となります。詳しくは小湊鉄道里山トロッコ列車公式ウェブサイトを確認してください。

新規ウインドウで開きます。小湊鉄道里山トロッコ案内(外部リンク)

運転日

新規ウインドウで開きます。里山トロッコ列車運行スケジュール(外部リンク)

申込方法

新規ウインドウで開きます。トロッコ整理券申込(外部リンク)

注意事項

こちらに掲載している情報は、平成31年3月15日現在の情報です。
最新の情報は、公式ウェブサイトをご覧いただくか、電話でお問い合わせください。

本文ここまで
サブナビゲーションここから

サブナビゲーションここまで

このページのトップへ戻る