このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • PICK UP
  • あそぶ
  • まなぶ
  • たべる
  • 知る
サイトメニューここまで

本文ここから

寒~い冬こそ、今しか楽しめないあそびを

更新日:2019年12月24日

姉崎スケート場

スケートを楽しむ親子

もうすぐ子どもたちが待ちに待った冬休み。
子どもたちにとって楽しみな一方、どこで遊ばせようか悩むお父さんお母さんも多いのではないでしょうか?
そんな冬休みには、市原市の姉崎スケート場で遊んでみませんか?
中学生以下は無料、年末は29日(日曜)まで、年始は2日(木曜)から営業。
寒~い冬だからこそ、ウィンタースポーツを楽しみましょう!

広々としたリンクで気持ちよく滑走

姉崎スケート場は、1周150m、幅8mの大きな円形のリンクに加え、初心者用の10m四方のスクエア型のリンクを備えています。
円形のリンクは一方通行で滑るため、中にはずーっと滑っている子も。大きなリンクはゆったりとして、ぶつかることが少ないのもうれしいですね。

スクエアリンクは四方が手すりに囲まれているため、初心者もつかまりながら自分のペースで滑れます。横にはベンチもあるので、見学する保護者も安心。
子ども用のヘルメットは、スケート場入り口にて無料で貸し出しています。
(令和元年12月24日現在、リンク内の氷不良のため、スクエアリンクは閉鎖していますのでご注意ください。)

サブリンクで滑る子どもたち

中学生以下は滑りホーダイ

市原市は、公共施設の利用を通じて子どもたちの可能性を大きく広げるため、中学生以下の施設の利用料を無料としています。もちろん、この姉崎スケート場も対象施設。多くの子どもたちが学校帰りに訪れています。

コラム1:スケートリンクはなぜ白い?

氷は透明なのに、スケートリンクはなぜ白いか知っていますか?
実は、自然と白くなるのではなく、わざと白くしているんです。
なぜかというと、太陽光の熱で氷が溶けるのを防ぐため。白い氷は、太陽光を反射するため氷が溶けにくくなります。そのため、姉崎スケート場では、通常の水ではなく、石灰を溶かした石灰水を凍らせています。

サンデースケート教室

令和2年1月末までは、毎週日曜日に初心者対象のサンデースケート教室を開催中。開園前の人のいない時間を使って、姉崎スケート場公認インストラクターが丁寧に教えてくれます。

講師に滑りを教わる子どもたち

開催日時

令和元年12月と令和2年1月の毎週日曜日午前8時30分~9時30分

対象者

5歳以上の初心者

人数

各回先着30人

費用

500円(貸靴料は別途400円)

参加方法

当日直接会場へ。雨天時や気温が高い日が続いたときは中止になることがあるため、事前に確認してください。

問い合わせ先

姉崎スケート場0436-61-1828

イルミネーション

日没から閉園時間までは、プールの滑り台にイルミネーションを取り付け。夜に楽しめる幻想的なスケートリンクは、昼とはまた違った顔を見せてくれます。

ピースをする女の子

軽食コーナーを完備

体を動かしていれば寒さにも耐えられますが、見学となると話は別。容赦なく寒風が吹きさらすこの季節に、じっとしているのは過酷です。姉崎スケート場ならそんな寒さでも安心。同じ施設の中で温かいうどんやそばなどを提供する軽食コーナーを完備しています。スケートの後のおなかが空いたお子さんの食事にもどうぞ。

コラム2:スケートリンクはどうやって作るの?

夏はプールとして使われている姉崎スケート場。
実は、姉崎スケート場の底の部分にはブライン管と呼ばれる-30℃~-20℃の凍らない液が流れています。その上に少しずつ水をかけながら、約10日間かけて、リンクを作っているのです。

利用案内

営業日時

12月~2月の午前10時から午後7時まで

休業日

12月30日(月曜)~1月1日(水曜)、2月2日(日曜)、2月9日(日曜)

料金
区分 金額
一般 1,275円
高校生 720円
中学生以下 無料
観覧 75円(中学生以下は無料)

市原市に住んでいる人は、表示金額から3分の2の金額となります。

貸靴料金

400円(15cmから29cmまで)

その他

  • スケート場の利用には手袋が必要です。持参してください。
  • 子ども専用のヘルメットの無料貸し出しあり
  • 天候状況により閉園する可能性があるため、事前にお問い合わせください。
  • イルミネーションは、令和2年1月31日(金曜)までです。

お問い合わせ先

姉崎スケート場0436-61-1828

本文ここまで
サブナビゲーションここから

サブナビゲーションここまで

このページのトップへ戻る