このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • PICK UP
  • あそぶ
  • まなぶ
  • たべる
  • 知る
サイトメニューここまで

本文ここから

気軽に楽しむ桟橋での海釣り

更新日:2019年4月1日

オリジナルメーカー海釣り公園

オリジナルメーカー海づり公園

オリジナルメーカー海づり公園は、千葉県で唯一の桟橋スタイルの海釣り公園です。
岸から沖に向かって120mの渡り桟橋を歩くと、300mの釣り桟橋があり、桟橋上から釣りを楽しむことができます。
海底には、捨て石や魚礁などが配置されており、本格的な投げ釣りを行わなくとも、チョイ投げで十分に楽しめるこの釣り場。
養老川の河口に位置するため、淡水を好む魚が集まるほか、初夏から秋にかけれはイワシやアジなど、数が釣れる回遊魚もターゲットになります。
連休などは営業時間前の早朝から行列ができるため、混雑には注意が必要です。

桟橋の様子

手ぶらでOK、中学生以下は無料

釣り上級者はもちろん、管理棟では竿のレンタルや仕掛け、餌の販売を行っているため、手ぶらで来ても十分に楽しめます。さらに、市原市の公共施設でありながら、市内・市外問わず、中学生以下の入園料が無料なのもうれしいところ。
小学生以下には無料のライフジャケットを義務付け、安全管理も徹底されています。また、釣り場には管理員が常駐し、わからないことがあればいつでも聞くことができます。

いよいよ海釣りへ

1,000円で借りられるレンタル竿を借りて、いよいよ桟橋へ繰り出します。

釣れる魚はその時々によりますが、桟橋には指導員がいるため、仕掛けやエサについて気兼ねなく聞くことができます。
また、公式サイトでは釣果情報が毎日更新されているため、訪れる前に事前にチェックすると○

新規ウインドウで開きます。オリジナルメーカー海づり公園の釣果情報(外部リンク)

桟橋には手洗い場があるため、エサや魚を釣り上げた時にすぐに手を洗えます。また、海水を汲むためのバケツや釣り上げた時に魚をすくうためのタモ(網)も用意。夏場などは、管理棟に戻らなくても給水ができるようクーラーボックスの貸し出しも行っています。

手洗い場
一定間隔である手洗い場

多くの人でにぎわう桟橋。
図鑑で魚を見るのも水族館で魚を眺めるのもいいですが、やはり実際の魚を海で釣り上げる感動は、心に刻まれます。
船で海に出ようと思うと予算も必要ですが、この海づり公園なら、低予算で海釣りを体験できます。
ぜひ、子どもと一緒に海釣りを体験してみませんか?

毎月イベントを開催

オリジナルメーカー海づり公園では、月間釣り大会を始め、初心者の方々を対象とした釣り教室、シーバスダービーなどさまざまな催しを開催しています。

釣り以外の施設も充実

3階にはレストランと展望台

管理棟の3階はレストランとなっており、東京湾を眺めながら食事をすることができます。一日中釣りに没頭する方も、東京湾を眺めながら食事をしたい方も、どなたでもご利用が可能です。
また、展望台がレストランに隣接。双眼鏡は無料です。天気が良ければ、東京スカイツリーがみられることも。周辺一帯は工業地帯のため、タンカーなどの船が多く航行しており、船の種類を紹介する案内板も設置されています。さらに、毎年3月ごろには桟橋を開放し、ダイヤモンド富士の撮影会も行われます。

小さい子も遊べるマリンルーム

管理棟の1階には、小さい子にうれしいマリンルームがあります。
船の遊具では滑り台や簡単なアスレチックで子どもを遊ばせることができます。

施設情報

営業時間

4月~6月

午前6時~午後7時(桟橋の利用は午後6時30分まで)

7月~8月

午前6時~午後9時(桟橋の利用は午後8時30分まで)

9月~10月

午前6時~午後7時(桟橋の利用は午後6時30分まで)

11月~3月

午前7時~午後5時(桟橋の利用は午後4時30分まで)

なお、レストランの営業は午前10時30分~午後3時30分(午後3時ラストオーダー)となりますので、ご注意ください。

休園日

  • 毎週月曜日(祝日の場合は、その直後の祝日以外の平日)
  • 12月31日~1月3日

料金

釣り

一般

1人920円

高齢者(65歳以上)

1人460円

中学生以下、障がいをお持ちの方

無料
7月~10月のみ、午後5時から半額で利用できます。

見学

一般

1人220円

高齢者(65歳以上)

1人110円

中学生以下、障がいをお持ちの方

無料

お得な回数券も販売しております。詳しくはお問い合わせください。

場所

公式ウェブサイト

新規ウインドウで開きます。オリジナルメーカー海づり公園(外部リンク)

本文ここまで
サブナビゲーションここから

サブナビゲーションここまで

このページのトップへ戻る